宝塚市の中学三年生、自宅に火をつける 文章上達のために書く日記

2010年07月17日

宝塚市の中学三年生、自宅に火をつける

最近、少年犯罪や少女犯罪が増えてきました。

先日、兵庫県宝塚市で民家が放火され、家族3人が死傷するという事件がありました。
犯人はなんと、

中学三年生の長女!

彼女が自宅に火を放って、家族を死に至らしめたのです。


理由は親からの暴力。

少女は学校に助けを求めていたとのことですが、
当の学校側は「親が説得に応じ、長女からの訴えもなくなったため問題は解決した判断したとのこと。

しかし、実際には暴力は続いており、それが犯行につながったと見られます。

少年犯罪が先か家族犯罪が先か?
考えさせられる事件です。


posted by くう at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック